HOME>イチオシ情報>骨の状態を正確に把握するのが確実性の高い治療への近道

骨の現況を確実に把握する

キーボード

病気や事故で歯を欠損した場合に、入れ歯や義歯などでは人工物の装着による違和感は誰もが直面する課題としてかねてより問題意識がもたれてきました。その点を根本的に解決するものとして登場したのがインプラント治療です。1980年代に歯科領域で登場して以降、30年以上の歴史の積み上げの過程で骨の再生についての研究は進歩し、もはやインプラント治療は確立された歯科治療の選択肢の一つとなり、患者様の状態に応じて素材も選択できるようになりました。埼玉でインプラント治療にはこのような知見の進歩を背景にしつつも、治療実績が抱負で確かな診療技術を身につけた専門医のケアを受けることが重要です。

入れ歯での改善には限界も

治療器具

もちろん埼玉の患者様でも入れ歯でも十分、咀嚼能力が改善されてQOLに問題を意識しないで生活を送っている方もいらっしゃいます。しかし入れ歯での治療には限界があるのも事実です。具体的には奥歯を喪失した方では、とくに入れ歯治療では違和感が強く、インプラントを移植することで初めて良好な治療が叶う患者様もいます。とりわけ上あごの奥歯では口蓋に接触することが多いため、インプラントに置換することでようやく自然歯に近い感覚を回復できるという声が大きいようです。

治療の全体の流れについて

インプラント

埼玉は首都圏に属することもあり、インプラント治療の患者数も多いエリアのひとつです。当然はじめての方のほうが多いので、不安を感じている方も。そこでインプラント治療の流れを確認しておきましょう。まずは予約をとりカウンセリングの日を設定してもらいます。カウンセリングでは問診後、かみ合わせの状態やレントゲンやCT検査などで骨の状態もつぶさに把握し、検査結果をもとにインプラントのほか入れ歯やブリッジなど、患者様のその後の生活を視野に最適の治療の提案を受けることになります。

広告募集中